【長野県】軽井沢マリオットホテル

【長野県】軽井沢マリオットホテル

東京から 車で約2時間半と他の観光地と比較して近く、日帰りもしくは一泊二日で行ける距離にあり、数々の著名人が愛した軽井沢。

自然に囲まれた豊かなこの土地で、マリオット系列の軽井沢マリオットホテルに泊まってきたので実体験と感想を紹介します。

軽井沢マリオットホテルでは豊かな緑を眺めたり部屋に備え付けてある露天風呂に使ってゆっくりでき、料理も地元食材を使い新鮮でとても美味しくおすすめです。

■アクセス
東京から軽井沢へは自動車もしくは電車で行くことができますが、ホテル周辺の観光地へ行くために自動車で行くことがお勧めです。車でのアクセスは 上信越自動車道と関越自動車道を使い約2時間半で軽井沢駅に到着することができます。軽井沢マリオットホテルへは軽井沢駅から 約10分ほどで到着することができます。

電車で行く場合は、新幹線はくたか、もしくはあさま号に乗り約1時間に10分で軽井沢駅に到着することができます。軽井沢駅からホテルまでは無料の送迎バスが走っているので利用すると良いと思います。

■滞在費用
日頃、SPGアメックスカードでためているマリオットポイントを利用しました。

今回、マリオットポイントを利用し宿泊するということで、特にどの客室が良いなどのリクエストは出していなかったのですが、空室があったため露天風呂付きのノースウィングの客室にアップグレードしていただきました。さらに朝食も無料でつけて頂くことができました。

今回は7月上旬に行ったのですが、他の日程で価格を調べてみると¥89,300相当の非常に高い部屋でした。今回はマリオットポイントを利用し35,000ポイントで宿泊したので、実質1マリオットポイント2.55円の価値でとてもお得に利用することができました。

通常100円で3マリオットポイント貯まるので、還元率6%と超高還元で利用できました。

ノースウィングは軽井沢の森の暮らしをテーマとしてデザインされた客室棟です。2017年にオープンした露天風呂付きの客室が56室ある棟です。

■客室

部屋は39平米と広々してゆったりした空間になっています。
ベッドの横には広さ10畳ほどの和室空間が繋がっております。TVも大画面で見やすく、実はこのTV、首を動かすことができ、ベッドにいるときはベッド側に向けることができます笑

部屋には備え付けの憧れの客室付き露天風呂が!室内庭園を見ながらくつろぐことができます。
露天風呂は一人用のサイズ、子供と一緒なら二人でも入れそうなサイズ感です。

■ホテル施設

軽井沢マリオットは本館とノースウィングに分かれており、それぞれの客室棟にレセプションがあります。
また、本館には食事をする場所やジム、大浴場も併設されております。ノースウィングから本館までは徒歩30秒くらいなので、往来にそんなに苦労はしません。

本館の食事処、こちらで今回は朝食を頂きました。
地元の食材を使った美味しい朝食でした。これが無料で頂けるなんてありがたい!

■周辺施設

軽井沢の街はそれほど大きくなく、各観光地へ車で10~30分程度で行くことができます。教会やアウトレット、スーパー、飲食店などが軽井沢駅、中軽井沢駅の周辺に立地しホテルを拠点に手軽にあちこち行くことができ旅行気分を味わうことができます。

簡単に主要な場所をご紹介させていただきます。

・中軽井沢駅。シンプルで洗練され整ったデザインの駅です。

・旧軽井沢銀座通。ソフトクリームやパン、せんべいなどいろんなものの食べ歩きができます。お土産やさんも多くあるのでぜひチェックしてみてください。

・ハルニレテラス。よく旅行雑誌などで取り上げられている場所です。このときはカラフルな傘のインスタレーションがありました。インスタ映えしそうですね。お店自体はカフェや雑貨屋、お土産やさんなどが連なっています。

・軽井沢アウトレット。敷地はとても広く歩くだけで結構時間がかかります。都心のアウトレットと異なり、山に囲われた独特の雰囲気のアウトレットです。お店もたくさんあるので、半日くらいは滞在できそうでした。

・石の教会。個人的には今回の軽井沢旅行で一番感動を覚えました。森林の中に有機的なデザインの石の建築が非常に独創的でめちゃくちゃカッコ良かったです。

・高原教会。よく東京の電車の広告で見る教会ですね。

・トンボの湯。比較的、石の教会、高原教会、ハルニレテラスと近いのでそこに寄った帰りに立ち寄ってみてはいかがでしょうか。森林と隣り合わせの大きな露天風呂があり気持ちいですよ。

以上、軽井沢マリオットホテルを紹介させていただきました。
東京から3時間とかからずに気軽にいける観光地でゆっくり過ごしてみてはいかがでしょうか。

ハルニレテラス

石の教会

報告する

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。